がんが転移する前に|定期検査が命を救う!

睡眠中に呼吸が止まる理由

カウンセリング

睡眠時無呼吸症候群は放っておくと仕事中の集中力が低下してしまったり、運転中に強い眠気が襲うなど大きな事故などの原因になってしまうことがあります。まずは病院で正しい治療を受け、症状を改善していくことが重要です。

More Detail

手術後も注意が必要

病院

一度出来てしまったがん細胞は、その部位で増殖を繰り返すだけでなく、一部は血液やリンパ液に乗って体中をめぐります。そして、他の部位に移動してそこで再び増殖を繰り返します。なので、発見されたがんを摘出しても、他の部位に転移している可能性は常に考えなければなりません。特に、肺・胃・乳房・すい臓・大腸は転移しやすい部位なので、治療したあとも転移していることを前提とした再発予防の治療を受け続ける必要があります。すべてのがんについて言えることは、発見が早ければ早いほど治療は簡単で転移の危険も少ないということです。がんは自覚症状がないものも多く、そのため人間ドックなどの定期的な検査が早期発見に有効な手段です。

人間の細胞は常に新しく入れ替わっています。細胞の中のDNAが自分自身をコピーして分裂することで増え、古い細胞は老廃物として排出されます。このコピーは、常に瓜二つの細胞が生まれるというわけではなく、たまに失敗もします。このコピーに失敗した細胞が、がん細胞です。通常は異物として排除されますが、排除されない場合、体内に残り増殖を繰り返し、やがてがんになります。排除できるかできないかは自身の免疫力によります。がん細胞を異物として取り除く力が弱まるとがんに発展してしまうので、がんの予防には免疫力を高めることが重要になります。そのため、規則正しい生活やバランスのいい食事そして禁酒禁煙が推奨されるのです。転移のリスクも免疫力を高めることで減らすことが出来ます。

肝炎ウイルス感染が原因

婦人

肝炎ウイルスに感染するのが肝臓がんになる最大の理由だと言われています。肝臓内でも様々な位置で発症し、他の臓器に移転する事例が多い疾患です。これを治療するには、外科手術やラジオ波治療などが行われます。

More Detail

胃から派生するがんとは

女の人

過剰の胃酸が逆流し、食道に慢性的な炎症を引き起こす逆流性食道炎によって食道がんが起こることがあります。対策としては、医療機関での治療の他、ストレスの管理と食生活の改善、睡眠時の姿勢の工夫が不可欠です。

More Detail